レストラン情報

冬休みや年末年始にゆっくりとした朝を過ごしたい方へ☆富山の味とホテルならではの極上朝食はいかが?

2017.12.31

何かと慌ただしい年末年始。
里帰りしてきた家族や親戚を迎えるというご家庭も多いのではないでしょか。
いつも以上に、食事作りを担当する方々が忙しくなる時期ですね。

でも、本来は、正月といえば「包丁や火を使わない」もの。そこでこのお正月の風習を都合よく解釈して、みんなで外食に出かけてみるのはいかがでしょうか。

それも、朝からみんなでゆっくりと食事を楽しむという、帰省中ならではの贅沢な時間の使い方を楽しむのがオススメです。
朝食から外食……というとなかなかお店がなさそう?そう心配される方は、COOに出かけてみてください。

 

 

COOの朝食ビュッフェは、宿泊客以外も2700円で利用可能。
「とやまのおいしい朝ごはん」キャンペーンに参加しており、富山県産の食材や郷土料理もいただくことができるので、県外から帰省中の方をお連れするにもピッタリです。

 

 

 

お米はもちろん富山県産。富山県西部で育てられ、グランプリを受賞したコシヒカリです。

 

 

その極上のご飯を引き立てる「ふりかけ」も充実しています。

 

 

ご飯の相棒といえばお味噌汁。こちらは南砺市の石黒種麹店さんのお味噌を使ったお味噌汁です。

 

 

和食のおかずは塩鮭など定番もの以外にも、富山らしいメニューがいっぱい。

昆布締めや・・・・・・・

 

 

黒作りも。

 

 

季節ごとに、地元・高岡の郷土料理も並びます。このときは、「やちゃら」並べられていました。

「やちゃら」とは、「8つの食材を使う」「やたらと野菜を使う」ことに由来する和物です。

 

 

そうそう、郷土料理の朝ごはんも魅力的ですが、洋食派にもCOOはオススメです。

卵料理やソーセージ、温野菜、サラダなどの洋風メニューも充実しています。
ホテルの朝食ビュッフェのなかには、スクランブルエッグが出来合い(温めるだけの業務用がある)のところもありますが、COOではもちろん料理人の手作りです。

 

ちょっと珍しいメニューはこちら。

豚肉のステーキです。朝から肉!をどーんと食べられます。パワーがつきそうですね!

 

パンは地下のキッチンで焼かれた自家製です。

国産小麦を使ったプチ食パン、手作業で3日かけて仕込むクロワッサンなど、上質なパンが並びます。

 

また、COOの朝食ビュッフェで感激したのが、こちらです。

そう、スイーツ! この日は、チョコムース、ゼリー、プリンをいただけました。こういう軽いスイーツなら、朝ごはんをお腹いっぱい食べた後もスルリと入ってしまいます。

 

こんなにスイーツも充実しているので、朝食の後はそのままティータイムになりそうです。久しぶりに顔を合わせたご家族・親戚の皆さんで、つもるお話をゆっくり楽しめますね。

 

富山の味を懐かしむも、ホテルならではの上質モーニングを味わうもよし。
後片付けもないので、いつもは片付けや洗い物などで落ち着かない方も、COOならくつろいだ時間が過ごせそう。

 

宿泊客の人数を把握して用意しているので、「宿泊客以外が来るとお料理が足りなくなるのでは?」という心配はほとんどないとのことです。心配な方、大人数の場合は予約しておくのがいいかもしれませんね。

モニターライター・ほあは

 

ホテルニューオータニ高岡
富山県高岡市新横町1番地
(1階)カフェ&ダイニング クー
☎0766-25-4036
Open 6:30-22:00(L.O21:00)
年中無休
http://www.newotani-takaoka.co.jp/restaurant/cafe_dining_coo/
COO公式アプリ
http://noren.st/getapp/coo

RELADED NEWS関連記事